« 内部統制は主体性が大事 | トップページ | 障害対策とISMSと内部統制 »

IT部門は主体性を身につけよ

 普通、仕事の仕方は企業が自分で考えるものだ。主体的にならざるを得ない。内部統制も同じように取り組めばよい。しかし、IT部門は主体性がなくても存在できる。ユーザに言われたことに合わせれば一応仕事になる。ところが内部統制では、監査法人に言われたことに合わせると会社の足を引っ張ってしまう。自ら考え、仕組みを設計し、監査法人を説得しなければならない。
 ここで主体性を身に付ければ、IT部門の存在価値は高まる。

■ 「無料経営相談」の企画の続きです。なぜ無料なのかご説明します。中小企業診断士の登録更新には条件があり、その一つが実務従事要件。企業に勤めている診断士にとっては結構高いハードルです。そこで、無料ででも実務の機会が欲しいというわけです。無料とはいえ診断士、それなりの成果を出します。ただし、実費はいただきますし、無料の範囲は「初期検討(たとえば計画策定フェーズ)」とさせていただきます。

|

« 内部統制は主体性が大事 | トップページ | 障害対策とISMSと内部統制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93120/17107311

この記事へのトラックバック一覧です: IT部門は主体性を身につけよ:

« 内部統制は主体性が大事 | トップページ | 障害対策とISMSと内部統制 »