« 顧客目線(2) | トップページ | 内部統制は虚偽記載リスクが焦点 »

現場が求める内部統制

 内部統制の4つの目的は、①業務の有効性・効率性、②財務報告の信頼性、③事業活動に関わる法令等の遵守、④資産の保全、である。金融商品取引法が要求する「内部統制」は、まさに②が目的の「財務報告に係る内部統制」である。
 一方、現場の関心はここにはなく、最重点は「顧客満足」である。それは①の中核で、本来のあるべき意識だ。②は単にありのままを報告すればよいだけだ。自然にそれを実現できる仕組みが求められている。

■ 「マネジメントを考える」というホームページを持っている。10月11日にアクセスカウンタがついに100000を超えた!6桁の世界だ。1997年6月28日にカウンタを付けてから3758日め。もう10年以上やっている。

|

« 顧客目線(2) | トップページ | 内部統制は虚偽記載リスクが焦点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93120/16696016

この記事へのトラックバック一覧です: 現場が求める内部統制:

« 顧客目線(2) | トップページ | 内部統制は虚偽記載リスクが焦点 »