« 「見える化」で何が見える? | トップページ | リアルタイム経営とアラート »

リアルタイム経営のレポート

 経営が月次の世界からリアルタイムの世界に移ると、見る指標が変わる。
 自動車に例える。速度計、水温計、燃料計、積算距離計の中で月に1回だけ見て役に立つのはどれ?そう、積算距離計。月次の自動車には積算距離計しかいらない。
 では、リアルタイムの自動車の場合は積算距離計を常ににらむ?あるいは、横軸に時間、縦軸に積算距離をとった精緻なグラフ?そんなものは運転の役に立たない。全く別の計器がいる。他の3つがそれだ。

■久々の更新です。上の課題は、企業経営のケースではまだ答えが見つかっていません。TOCがヒントになりそうな気はしています。ご意見などいただければ幸いです。

|

« 「見える化」で何が見える? | トップページ | リアルタイム経営とアラート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93120/11847380

この記事へのトラックバック一覧です: リアルタイム経営のレポート:

« 「見える化」で何が見える? | トップページ | リアルタイム経営とアラート »