« 他社事例研究の意義 | トップページ | 業務のあるべき姿の基準 »

紙削減のポイント

 紙が事務の生産性を阻害する。紙は留め置かれ、紛れ込む。
 その紙を減らすポイントが2つある。ひとつは会議資料や報告書を電子データで配ることだ。受けた人が印刷するとしても、量は大幅に減る。メモもノートにすれば、どこかに紛れ込むこともない。もうひとつは手元に残さないことだ。たとえば領収書はスキャナで電子イメージにして伝票データに添付する。原本は書庫行きだ。
 これでかなりの紙が減る。事務はずっと生産的になる。

|

« 他社事例研究の意義 | トップページ | 業務のあるべき姿の基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93120/4114260

この記事へのトラックバック一覧です: 紙削減のポイント:

« 他社事例研究の意義 | トップページ | 業務のあるべき姿の基準 »